遊亀子 (近 由紀子)

遊亀子 (近 由紀子)

ユキダンススクール主宰
3歳よりモダンバレエを始める。
その後ジャズ・エアロ・コンテンポラリーのテクニックを取得し、それぞれのジャンルでダンサー、振り付け、インストラクターとして活躍中。
社団法人現代舞踊協会会員
逗子市文化協会理事

近遊亀の最新情報はこちら

本島 とも子 (本島 智子)

本島 とも子 (本島 智子)

日本ヘルス&スポーツ学院ダンス学科卒業。LAダンスコンペティション、開国コンテスト等、振り付け指導、各種受賞多数、ダンサーとしても各分野で活躍中。

本島とも子の最新情報はこちら

ホーム

義務教育のストリートダンス導入に
寄せる想い

更新日:2012年06月20日 カテゴリ:お知らせ・イベント

この度義務教育における、体育のカリキュラムに、ストリートダンスが現代のダンスとして取り込まれました。

ダンスは幼稚園のお遊戯、次に学ぶダンスがストリートダンスとは。
20年前、ストリートダンスが日本に輸入された頃から活動している者としては夢のような素晴らしい事です。 

ではなぜ現代のダンスがストリートダンスであるのか。 
まずバレエやジャズダンス等より、スニーカーで気軽に楽しく踊れ、比較的皆で踊る達成感が得やすいと考えられます。 

また流行のストリートダンスであれば、気軽に学生達も積極的に取り組めます。

つまり今までのダンス授業と違うのは

「気軽で楽しい!」

但し、指導法は決して一夜漬けで修得出来ませんし、場合によっては楽しい筈のダンス授業が苦痛なお子様もいることでしょう。 

ただ球技や水泳陸上等同様に、学生時代に体験することで、自主性、チームワーク、協調性、持久力や筋力トレーニング、リズム感、心肺機能の向上がアップします。 

それが楽しい音楽に載せて体験出来る!

当スタジオでも生徒の中には

「レッスンのおかげで学校体育祭の振り付け担当しました!」
「優勝に導けました!」「チームワークって難しい!」
「苦手な子と仲良くなれた」 

ダンスを通して様々な体験をしているようです。 
情操教育も含め日進月歩でも、ダンスを通してお子様の成長をバックアップ出来ればと思います。

当スタジオでは心技一体、挨拶マナーから始まり、必ず上達するリズムトレーニング、基本ステップ、応用、役立つ振り付け方法、など専門に指導します。

「ダンスに出会って良かった」そんなレッスンを提供して行きます。 

7/9(月)
ロックダンスサミットコンテスト入賞!特別講師西条氏と
ロックダンス&ヒップホップ基礎レッスン開催!
体験無料!君も是非!

ストリートダンスインストラクター 本島智子